観光行政の専門家による情報発信を通じて、観光事業者のためのビジネス支援を行います。

03-5942-7663

旅行業の登録にはどんな資格が必要なの??

―資格者要件

まず旅行業の登録をするためには、一定の資格を持った人を事務所に配置する必要があります。

「旅行業務取扱管理者」という資格者です。

この資格の中で「総合」「国内」「地域限定」という区分があるので、取り扱う業務に合わせて資格者を選任します。

 

―金銭要件

基準資産額 営業保証金(※) 旅行業務取扱
管理者の選任
申請先
第1種旅行業 3000万 7000万
(1400万)
必要 観光庁長官

※地方運輸局

第2種旅行業 700万 1100万
(220万)
必要 都道府県知事
第3種旅行業 300万 300万
(60万)
必要 都道府県知事
地域限定旅行業 100万 15万
(3万)
必要 都道府県知事
旅行業者代理業 なし 不要 必要 都道府県知事
旅行サービス手配業 なし 不要 研修修了者で代替可能 都道府県知事

※営業保証金は各営業区分の最低金額です。毎年の旅行取扱額によって増減します。

※旅行業協会に加入する場合、営業保証金に代えて下段のカッコ内の「営業保証金分担金」を納付します。

 

旅行業というビジネスは、一度に大量の旅行者を各地に輸送するという性質があるため、何かトラブルがあった際にその影響が大きく出ます。

そのため、営業を始めるにあたって一定の資産額を確保し、そのうえで、保証金を納付するという制度を取っています。

例えば第3種の旅行業で登録をする場合、最低限でも基準資産額の300万に営業保証金の300万をあわせた600万を最低でも準備する必要があるということです。

基準資産額の計算は新設法人、既存法人、個人事業主の登録で異なってきます。

 

基準資産額や旅行業の種類など、登録に向けて気になること、
わからないこと、面倒だと思うこと、どうぞお気軽にご相談ください!

観光事業者のためのビジネス支援は是非当社にお任せください

まずはお気軽にご相談ください!

03-5942-7663

TOP